助成事業
耐震化のすすめ 大地震の備えて校舎等の耐震化対策をしましょう!
home私学の皆様へ助成事業 > 私立学校防災力向上事業

私立学校防災力向上事業

この事業は、地震・風水害等の自然災害に対する防災教育を推進し、防災力の向上を図るため、必要な経費の一部を助成するものです。

私立学校防災力向上事業に関する資料と様式は、こちらからダウンロードいただけます。

様式集

1. 助成対象者

都内に所在する私立幼稚園、小学校、中学校、高等学校(全日制課程及び定時制課程)、特別支援学校

2. 助成内容

助成対象限度額 20万円/校

1校あたり20万円まで

(1) 助成対象事業

平成28年4月1日から平成29年1月末日までの間に、「防災に関する外部専門家等」の関与により以下のような取組を行った場合に、取組に係る経費を助成します。

防災訓練 外部専門家等による「防災訓練についての企画・アドバイス」等
<例>
・起震車等による地震体験  ・煙体験ハウス等による煙体験
・応急救護訓練(テント設営、担架・三角巾・ロープ作り等)
・水汲み・放水・消火訓練等  ・引取り・帰宅訓練   など
防災に関する講習会・研修 外部専門家等の講師による、教職員や保護者、生徒等を対象とした講習会・研修
<例>
・帰宅困難者対策(幼児・児童・生徒を園内・校内に留める場合、避難住民を受け入れる場合等)
・被災の実態(被災地訪問等も含む)   など
防災に関する研究・実践 外部専門家等を交えた「防災に関する研究」「防災マニュアル点検」等
<例>
・防災計画作成・改訂  ・防災マニュアル作成・点検  ・防災マップ等作成
・引き渡しマニュアル作成  ・防災用絵本・紙芝居・カルタ・ビデオ等の活用
・防災人形劇等の実施   など

(2) 助成対象経費

いずれも、防災に関する外部専門家等が関与した取組について対象となります。

○報酬・委託・手数料支出
○賃借料支出
 ※バス等の借上げ、会場借上げ、機材レンタル等を対象とします。
○旅費交通費支出
 ※入館料や被災地等遠方への旅費も対象とします。
○印刷製本費支出
○通信運搬費支出
○図書支出
 ※防災用の冊子のほか、絵本、紙芝居、カルタ、ビデオ等も対象とします。
○消耗品費支出
 ※防災訓練後の補充等も含め、水・食料・携帯トイレ・毛布等の備蓄品は対象外とします。

★東京都では、平成27年9月より各家庭に『東京防災』を順次配布するとともに、私立小学校・中学校・高等学校・特別支援学校に『東京防災』(学校版)と、児童・生徒数分の「防災ノート『東京防災』」を配布しました。
今後、防災に関する取組を実施する際は、これらもあわせて活用してください。

防災ノート表紙 防災ノート見開き

※「防災ノート『東京防災』」は、発達段階に応じて「小学校1年生~3年生版」「小学校4年生~6年生版」「中学校版」「高等学校版」の4種類があります。

3. 申請

助成金交付申請書等必要書類を作成して提出していただきます。
なお、平成28年度に助成対象になる事業は、平成28年4月1日から 平成29年1月末日までの間に「防災に関する外部専門家等」の関与により行った取組です。

(1) 申請受付期間

平成28年5月11日(水)~平成29年2月10日(金)消印有効

(2) 送付先

〒162-0823 新宿区神楽河岸1-1 セントラルプラザ11階
公益財団法人東京都私学財団 総務部研修課
電 話:03-5206-7922 FAX:03-5206-7927
メール:kenshu(at)shigaku-tokyo.or.jp
※迷惑メール対策のため、メールアドレスの表記を変更しております。お手数ですが、(at)を@に置き換えてご利用ください。

4. 交付額確定

平成29年3月上旬

5. 交付

平成29年3月下旬

6. その他

  1. 助成事業の完了後、速やかに実績報告を提出して下さい。<最終提出期限:平成29年2月10日(金)>
  2. 申請内容の確認のため、実地調査を行うことがあります。
様式集