公益財団法人 東京都私学財団

メニュー

文字サイズ

サイトマップ

学校研究助成事業

学校研究助成事業に関する資料と様式はこちらからダウンロードいただけます。

様式集

令和元年度に交付決定された研究は、以下のとおりです。

学校(園)名 研究(代表)者 研究課題
1 自由学園高等科 髙田 貴 たためる立体構造の応用の模索
2 啓明学園中学校高等学校 吉田 孝三 学校へ再生可能エネルギーを導入した場合の教育効果
3 啓明学園中学校高等学校 川上 さくら 国際生と一般生の協働を生み出すリーダーシップ教育実践研究
4 啓明学園中学校高等学校 宮﨑 善隆 北海道の気候風土に根ざした多様な社会を学ぶ
-自然体験教育の可能性の研究-
5 武蔵高等学校中学校 亀岡 岳志 新校舎建設に伴う周辺の熱環境への影響に関する調査
~武蔵学園の温度分布調査~
6 聖徳学園中学・高等学校 山名 和樹 創造的問題解決能力の育成のための産学連携とICTの効果的な運用に関する研究 ~途上国支援を題材に
7 華学園栄養専門学校 坂本 梓 口腔状態と栄養素等摂取との関連性に関する研究
8 華学園栄養専門学校 水野 智春 保育所における栄養士配置の有無による食物アレルギー対応の差異について
9 日本体育大学医療専門学校 吉田 裕輝 模擬試験作成のための柔道整復師国家試験問題の出題形式分析
10 国際文化理容美容専門学校 竹田 政宏 職業実践専門課程の質保証・向上のためのカリキュラム開発と評価方法に関する実証的研究
11 東京YMCA社会体育・保育専門学校 中島 きよ 「けのび」の習得が泳力に及ぼす影響
12 蒲田保育専門学校 濵田 彩希 教職課程におけるコアカリキュラムの導入と幼稚園インターンシップ 
-その成果と課題をめぐる考察-
13 アルファ医療福祉専門学校 鈴木 忠慶 柔道整復学科におけるCBT教育による学習効果の検討
14 サレジオ工業高等専門学校 宇都木 修一 ラズベリーパイと画像処理を利用したプログラミング教材の開発

事業目的

都内に設置されている私立学校の専任教職員の行う教育研究に対して学校設置者に助成する事業です。私立学校教職員の資質向上及び教育研究活動の充実を図ることを目的として、公益財団法人東京都私学財団(以下「当財団」という。)が東京都の補助を受けて実施します。

助成対象校

都内に所在する私立幼稚園、小学校、中学校、高等学校、特別支援学校、高等専門学校、専修学校及び各種学校です。

助成対象研究

上記対象校の専任教職員が行う研究で、研究課題として相応しいものであり、かつ、研究成果が学校教育の水準向上に資する下記基準を満たす個人研究又は共同研究とします。

【基準】

  1. 研究内容が教育活動に反映できる具体性を有していること
  2. 他校の教育活動にも資するものであること
  3. 経常的な教育活動の範囲にとどまっていないこと
  4. 研究課題と研究報告の内容が合致していること
  5. 研究報告の内容が一定のレベルに達していること
  6. 研究報告の内容が調査報告にとどまらず、分析及び検証が伴っていること
  7. 研究内容に応じた合理的な経費であること
  8. 研究期間は、助成金交付の年度内に研究の始期と終期(研究成果のまとめの期間を含む。)があること
  9. 1学校の研究課題数は、原則として3課題以内であること
  10. 学校における助成金の交付が連続する場合は、3回を限度とすること
  11. 同一内容の研究について、同一年度内に他から補助を受けていないこと
  12. 見学及び調査旅行経費の割合が著しく高くないこと
個人研究:
1研究課題につき、1人の研究者が行う研究。
共同研究:
1研究課題につき、2人以上の研究者が行う研究。
(共同研究者は、同一の学校設置者が設置する私立学校に勤務する専任教職員とします。)

審査

研究課題及び研究成果が審査基準を満たすか否かは、経費も含めて当財団の設置する私立学校研究助成金交付審査会(以下「審査会」という。)において審査します。
なお、審査会において特に優秀と認められた研究成果については、これを表彰し、その旨を公表する場合があります。

助成限度額

予算の範囲内において、研究に要する経費の80%以内で、次に掲げる額とします。

※会員校からの申請で、かつ共同研究のもののうち、優秀と認められる研究については、財団予算の範囲内において、助成限度額に一定額が加算されることがあります。

個人研究:
1研究課題あたり 10万円以内
共同研究:
1研究課題あたり 20万円以内

ただし、研究に要する経費のうち、助成対象外経費及び限度額を超える経費は、当該学校設置者の負担とします。

助成対象経費

当該研究に要する備品・図書・消耗品等の購入費、旅費交通費、通信費、印刷製本費、その他当財団が適当と認める経費

申請書類の提出

所定の「申請書(様式第1号)」及び「研修計画書」を、設置者及び学校(園)長が申請してください。
締切日は、令和2年5月29日(金)厳守とします。

交付決定

7月下旬に助成の可否及び助成限度額を申請者あてに通知します。

研究報告の締切日

所定の「報告書類について」、「実績報告書」、研究報告書、領収書(写し)等を令和3年1月8日(金)までに提出してください。

助成金の交付

上記の報告書類等提出後、審査のうえ助成額を確定し、令和3年2月下旬に通知します。
確定額にもとづいて、請求書を提出いただいた後、令和3年3月下旬に助成金を交付します。