公益財団法人 東京都私学財団

メニュー

文字サイズ

サイトマップ

平成27年度経営課題研修「これからの学校改革」

※募集は終了しました

 当財団では、経営課題研修を開催いたします。
 今回は、三田国際学園中学校高等学校 大橋 清貫 学園長をお招きしてご講演いただきます。
 急激に進む少子化や景気の動向、公立中高の人気等を受けて、私立中高の置かれる状況は益々厳しくなっています。生徒募集に苦しむ学校が、現状をどのように改革することで未来ある学校作りを可能とするのか、大橋学園長のこれまでの経験に基づいて、実践可能な対策をお話しさせていただきます。

 お忙しい中とは存じますが、教職員の皆様方の積極的なご参加をお願い申し上げます。

 
◇◆◇開催案内◇◆◇
 

1 日 時

   平成28年2月15日(月)
   午後3時~5時(受付開始 午後2時30分)

2 会 場

   東京都私学財団会議室(新宿区神楽河岸1-1 セントラルプラザ11階)
    
    JR総武線:「飯田橋駅」下車西口すぐ
    地下鉄:東西線・有楽町線・南北線・都営大江戸線「飯田橋駅」下車B2b出口

3 テーマ

   「これからの学校改革」

4 講 師

   三田国際学園中学校高等学校 学園長 大橋 清貫(おおはし きよみち)氏
  【プロフィール】
   2005年4月、学校法人順心女子学園理事長に就任。同年9月、同校学園長に就任。2007年4月、学校法人順
     心広尾学園(広尾学園中学校高等学校)に改称して理事長、学園長に就任。『自立と共生』を教育理念に
     掲げ、学校改革に着手。高い「通学満足」を得る学校づくりを進め、2009年度入試では出願者数5554人を
     数えるなど同校を都内有数の人気校に育て上げる。2013年、広尾学園学園長を退任後、学校法人戸板学園
     において、教育監修理事として中高の学校改革を指導。2015年には、戸板中学校、戸板女子高等学校を三
     田国際学園中学校高等学校と改称し、共学化をスタート。

5 受講料

   無 料

6 定 員

   80名

7 申込方法

   (1)電子化対応校(園)・・・画面下「申込ボタン」からお申し込みができます。
                     ※操作方法はこちらから
     2)電子化対応校(園)以外・・・「受講申込書」に必要事項をご記入の上、
                     郵送・FAX・Eメールにてお申し込みください。
     【 郵  送 】  〒162-0823 新宿区神楽河岸1-1 セントラルプラザ11階
     【 FAX 】 03-5206-7927
     【メールアドレス】  kenshu (at) shigaku-tokyo.or.jp

                                           (注)迷惑メール対策のため、メールアドレスの表記を変更しております。
                 お手数ですが、 (at) を@に置き換えてご利用ください。
 
     ※ 定員になり次第締め切らせていただきます。お早めにお申し込みください。
 
ご希望に添えない方のみ、電話でご連絡いたします。

8 締切日 

平成28年2月8日(月)必着