研修のお知らせ一覧
耐震化のすすめ 大地震の備えて校舎等の耐震化対策をしましょう!
home研修のお知らせ一覧《2017年》 > 平成29年度学校運営事例研修「クレーム対応~保護者や地域住民からの苦情への適切な接し方を考える~」

平成29年度学校運営事例研修「クレーム対応~保護者や地域住民からの苦情への適切な接し方を考える~」

※募集は終了しました

会員校限定研修

 本研修では、例年、事務長をはじめ各学校の運営に携わる教職員の方を対象に、私立学校が置かれている現状や諸問題について専門家の講演とグループでの情報交換や討議などを行っております。
 近年、学校をとりまく環境は、一昔前に比べて厳しくなっており、保護者や近隣住民から寄せられる苦情に対して、対応に苦慮しているケースが増えています。
 そこで、今年度は、クレームの困難事例を取り上げ、保護者や地域住民の方々への接し方について、具体的な対応方法を学んでまいります。
 お忙しい時期とは存じますが、積極的にご参加いただきますよう、お願い申し上げます。

 
◇◆◇開催案内◇◆◇ 

1 日  程

     平成29年7月11日(火)、12日(水)  ※2日間参加できる方限定

2 会  場

     東京都私学財団会議室
   (新宿区神楽河岸1-1 セントラルプラザ11階 ℡03-5206-7922)
    <JR総武線>「飯田橋駅」下車 西口/東口
    <地下鉄東西線・有楽町線・南北線・都営大江戸線>「飯田橋駅」下車 B2b出口

3 日 時 ・ 研修内容 ・ 講 師

  (1) 7月11日(火) 午前10時~12時(受付開始午前9時30分)
   「保護者や地域住民からのクレームへの対応を考える」
     講師:日本女子大学教職員教育開発センター 教授 坂田 仰(さかた たかし)先生

 (2) 7月11日(火) 13時~17時
    7月12日(水)  9時30分~17時(受付開始9時)※2日目は開始が30分早くなります。
   「クレーム事例研修」(グループワーク)
     ※少人数のグループで、学校における諸問題について、情報交換や討議を行います。
     ※今回は、クレーム対応のため、ロールプレイングなどの実技演習がございます。
     講師:株式会社インソース 専任講師   

   
※2日間すべて参加できる方限定

4 定   員

      30名 ※学校の管理監督的な立場にある教職員
         ※定員の都合上、お申し込みは1校(園)あたり1名までとさせていただ きます。
         ※定員になり次第、締め切らせていただきます。

5 参 加 費

     無  料

6 参加申込方法

(1)電子化対応校(園)
      ・・・画面下の【申込ボタン】よりお申し込みください。
         事前にご登録いただいたアドレスでお申し込みができます。→操作方法はこちら
         受講決定者には、メールにて「受講決定通知書」をお送りいたします。

(2)電子化対応校(園)以外
      ・・・「受講申込書」の必要事項をご記入の上、FAX・Eメールにてお申し込みください。
         【F A X】 03-5206-7927
         【メールアドレス】  kenshu(at)shigaku-tokyo.or.jp(件名に研修名を入れてください)
                 ※迷惑メール対策のため、メールアドレスの表記を変更しております。
                  お手数ですが、(at)を@に置き換えてご利用ください。
         
受講決定者には、FAXにて「受講決定通知書」をお送りいたします。

 ※受講決定者には、クレーム事例研修について、聞きたい事例などの「事例アンケート」を
  別途送付いたしますので、ご提出お願いいたします。

7 申込期限

   平成29年6月19日(月)必着