公益財団法人 東京都私学財団

メニュー

文字サイズ

サイトマップ

【東京都育英資金貸付事業】貸付中の方

貸付方法と時期

貸付方法

奨学金は、私学財団が奨学生本人名義の口座へ振り込みます。

貸付時期

  1. 振込日
    原則として毎月10日です。ただし、10日が金融機関の休業日の場合は、以下のとおりとなりますのでご注意ください。
    平成29年度
    振込予定日
    (○印のある月は、振込がある月)
    4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
    10日 9日 10日 10日 11日 10日 10日 11日 10日 9日 9日
    採用時学年 予約採用(予約募集) ※1
    2ヶ月分
    新規採用(一般募集) ※2
    5ヶ月分
    次学年以降 ※1
    2ヶ月分
    最終学年 ※1
    2ヶ月分

    3ヶ月分
    ※3
    1. 4月に振込みは行いません。5月に、4月からの2ヶ月分を振り込みます。
    2. 入学後の一般募集により採用された奨学生は、8月に、4月からの5ヶ月分を振り込みます。
    3. 最終学年の奨学生は、1月に1月から3月までの3ヶ月分を振り込みますので、2、3月に振込みは行いません。
  2. 貸付の通知
    月々の貸付けの通知は行いません。通帳の記帳により貸付けの確認をしてください。
  3. ※通帳の振込表示は「ト イクエイシキン (シガクザイダン)」となります。

変更についての届け出

学校を通じてそれぞれ書類を提出していただきますので学校に申し出てください。(詳細については在籍する学校にお問い合わせください。)

奨学生及び連帯保証人の住所・氏名の変更

※奨学生本人が都外に転出した場合は、奨学金の貸付けを打ち切ります。

連帯保証人の変更

退学、辞退

奨学金の貸付けを打ち切ります。

休学(留学を含む)、復学

休学(留学)期間中は、奨学金の貸付けを休止します。

※休学(留学)期間が満了した場合や、届け出た期間より早く復学した場合であっても、「復学」の手続きをとらない限り、貸付けを再開できません。忘れずにご連絡ください。

転校、転部

高等学校に在学する奨学生の転校や転部の場合、貸付けを継続することができます。
(都外の高等学校に転校になっても、都内に居住する限り貸付を継続することができます。)

※状況により貸付継続できないこともあります。学校にご確認ください。

※高等専門学校及び専修学校(専門課程)は対象外です。

振込口座の変更

※金融機関による支店の統廃合があった場合も「口座振込依頼書」の提出をお願いします。

打切り・休止

奨学金の打切り

次のいずれかの事由に該当する場合は、奨学金の貸付けを打ち切ります。

  1. 同種の資金を他から借り受けることとなったとき。
  2. 学校を退学したとき。
  3. 都外に転出したとき。
  4. 奨学金の借受けを辞退したとき。
  5. 死亡したとき。
  6. 不正な手続きにより、奨学金の貸付けを受けたとき。
  7. 修学するうえで必要な学資以外の用途に奨学金を使用したとき。
  8. その他、奨学金を貸し付けることが適当でないと認められるとき。

奨学金の休止

次のいずれかの事由に該当する場合は、奨学金の貸付けを休止します。

  1. 休学したとき。
    ただし、2年以内に復学しない又は復学する見込みがない場合は、貸付けを打ち切ります。
  2. 留学したとき。
  3. 停学となったとき。
  4. 留年したとき。
    ただし、2回連続「留年」となった場合は、貸付けを打ち切ります。
  5. ※留年した場合でも、貸付期間の範囲内(修業年限の範囲内)で貸付けを継続することができます。希望される場合は学校にお問い合わせください。