助成事業
耐震化のすすめ 大地震の備えて校舎等の耐震化対策をしましょう!
home私学の皆様へ助成事業 > 私立学校非構造部材耐震対策工事費助成事業

私立学校非構造部材耐震対策工事費助成事業

この事業は、私立学校施設の耐震化を促進するため、校舎等における非構造部材の耐震対策に係る経費の一部を助成するものです。

1. 助成対象者

都内に所在する私立幼稚園、小学校、中学校、高等学校、特別支援学校、専修学校、各種学校

2. 助成対象事業

対象校 幼稚園 ※1 小学校・中学校・高等学校・特別支援学校・専修学校・各種学校
対象施設 設置者が保有する教育施設等(施設規模の条件なし) 設置者が保有し、大講義室、ホール等の100㎡以上の空間を有する教育施設等
対象経費 建築非構造部材の耐震化工事(工事費、点検費、設計費含む)
~1億円/園 ~2億円/校
助成率 国庫補助対象事業 ※2
…対象経費の3分の1以内(国庫補助1/3)と合わせて計2/3を助成 ※3
国庫補助対象外事業
…対象経費の2分の1以内

※1 認定こども園については、幼稚園型認定こども園の幼稚園部分のみを対象 とし、幼保連携型認定こども園は対象外とする。

※2 国庫補助事業の「私立高等学校等施設高機能化整備費(防災機能強化施設 整備事業)」、「私立幼稚園施設整備費」のことです。

※3 専修学校(専門課程)の助成率は1/6以内(国庫補助率が1/2のため)

3. 対象経費

(1) 耐震点検経費

本事業の対象となる建物に係る耐震点検(非構造部材の耐震調査等)及び 補強計画策定に要する経費を対象とする(前々年度支出分まで対象)。
ただし、耐震点検のみ及び学校関係者による自主的な点検に要する経費 (人件費、備品購入経費等)については、対象外とする。

(2) 実施設計費

工事実施年度(助成金申請年度)及び前年度支出分を助成対象とする。

(3) 工事費

建築非構造部材(被災時等の安全対策のために行われるものであり、建物全体の構造設計・構造計算の対象になる構造体【主体構造、躯体】以外の部材を指す)の耐震化工事。

(4) 留意点

  1. 工事を伴うものが対象(購入のみは対象外)
  2. 建物以外の工作物(塀・フェンス等)の工事は対象外 
  3. 消耗品・備品等への対策(電球の交換、棚の扉の開閉防止等)は対象外
  4. 原則として既存部材の補強工事が対象。撤去や交換は、補強が出来ない合理的な理由がある場合に可。付帯工事は、現状復帰を限度とする。(レベルアップは不可)
  5. 増改築、増床工事に係る経費は対象外
  6. 当助成金については複数回申請出来ますが、工事箇所の重複は出来ません。

4. 申請

助成事業交付申請書を作成して提出していただきます。

なお、平成28年度に助成対象になる事業の期間は、平成28年4月1日から 平成29年2月末までです。

1.申請期間
:平成28年8月1日(月)~平成28年9月30日(金)まで(受付終了)
 【再募集】平成29年1月31日(火)まで
2.送付先
:〒162-0823 新宿区神楽河岸1-1 セントラルプラザ11階
 公益財団法人東京都私学財団振興部振興課 非構造担当宛

5. 交付決定

平成29年3月中旬(予定)

6. 交付

平成29年3月下旬(予定)

様式集