公益財団法人 東京都私学財団

メニュー

文字サイズ

サイトマップ

私立高等学校海外留学推進助成事業

都内の私立高等学校に在学している生徒が学校推薦を受けて、学校が責任を持つ海外留学プログラムに参加する際、保護者が学校等へ支払う参加費用の一部を助成します。
助成金の申請手続きなどは、学校を通じて行っていただきます。

海外留学推進助成事業のご案内

令和3年度の私立高等学校海外留学推進助成事業の取扱いにつきまして、新型コロナウイルス感染症の各国における感染状況を注視し、生徒の安全確保を最優先としたうえで、留学プログラムを支援する観点から、以下のとおり助成事業を実施することといたしました。

交付対象となる留学プログラム

学校が主催するなど責任を持つ留学プログラムであり、以下の全ての要件を満たすことが必要です。

  1. 留学出発時に、留学先の国が外務省海外安全ホームページの「感染症危険情報」が、レベル2以下であること
  2. 留学前後の行動計画や留学中の生徒の安全が確保される計画※を有し、学校の責任において生徒の安全確保に万全を期していただくこと

※留学前後の行動計画や留学中の生徒の安全が確保される計画についての詳細は、学校担当者向けの「事務の手引き」をご覧ください。

感染症危険情報レベル2:「不要不急の渡航は止めてください」その国・地域への不要不急の渡航は止めてください。渡航する場合には特別な注意を払うとともに、十分な安全対策をとってください。

助成対象者(申請者の要件)

海外への出発時及び留学期間中に都内の私立高等学校に在籍し、併せて上記1の留学プログラムに参加する、学校の推薦を受けた生徒の保護者が申請者となります(都内在住でない場合も対象となります)。

事務手続き等について

学校担当者向けの「事務の手引き」及び保護者向けの「申請手続きのご案内」は、私学事務支援サイトに掲載しています。

学校から財団への交付申請期間

令和3年9月1日(水)から11月5日(金)まで(必着)

※今年度の申請受付は1回のみとなります。この期間を考慮し、学校内での保護者からの申請書のとりまとめ等を行ってください。

その他

5-1留学成果の報告

留学から帰国後、その成果について、在籍する学校に報告いただきます。

5-2助成金の返還

留学を中途で中止し帰国した場合は、原則として助成金を返還していただきます。

お問合せ先

公益財団法人東京都私学財団 海外留学推進助成事業担当
[直通]03-5206-7928
【受付時間】午前9時15分から午後5時まで